不動産売却に必要な書類や売却完了までの手順を紹介

HOME>Topics>物件を手放すなら〜不動産売却の流れを把握しておこう〜

手持ちの不動産を手放すならチェック!

所有している不動産物件を手放すなら、まずは売却に必要となるものは何かを把握しておく必要があります。書類なども予め準備をしておくことで、スムーズに売却の手続きを行うことができます。そこで、必要書類のリストをチェックしてみましょう。

不動産売却に必要な書類等

  • 身分証明書
  • 実印・印鑑証明書
  • 登記済権利書or登記識別情報
  • 土地測量図・境界確認書
  • 固定資産税納税通知書・固定資産税評価証明書
  • 建築確認証・建築設計図書
  • 耐震診断報告書

不動産売却の種類

不動産売却でもよく行われてるのが、一般売却です。しかし、稀に住宅ローンの返済が厳しくなった場合には、救済措置として任意売却を行うことがあります。不動産売買は、高額な資産を現金へと変える取引なので、しっかりと知識を確認しておくことが重要です。

不動産売却の流れを紹介

部屋

不動産屋に査定依頼

不動産を売却するなら、まずはどのくらいで売却可能なのか相場を確認しましょう。不動産屋に簡易査定をしてもらうことで、大体の価値を知ることができます。その後、正確な金額を出すために、現地調査を行なう現地査定を行います。不動産屋によって査定額が異なりますので、数社に依頼することをおすすめします。

媒介契約

査定による価格などに問題がなければ、不動産屋と媒介契約を結び、不動産売却を行なっていきます。媒介契約にも、専属専任媒介契約・専任媒介契約・一般媒介契約の3つがあり、それぞれ売却の手段が異なります。

売却開始

売却が開始されたら、不動産のホームページや広告媒体にて宣伝を行なっていきます。希望者がいれば実際に内見を行いますので、物件はきれいにして好印象を持ってもらえるようにしましょう。また、購入希望者が出たら不動産屋を通して、金額交渉や引き渡し日の確認を取っていきます。

売買契約

売り手・買い手ともに条件が一致したら、重要事項説明書を不動産屋が準備し、物件売買について双方が納得するまでしっかりと説明を行います。それが無事に済んだら、実際に売買契約を交わします。

物件引き渡し

売買契約が成立したら、残っている住宅ローンの返済や抵当権の抹消を行います。その際に必要となる書類などは、不動産屋が手配してくれます。売買決済を行い、物件の鍵を引き渡して不動産売却完了となります。

物件を手放すなら〜不動産売却の流れを把握しておこう〜

住宅模型

現実的な資金計画を立てるために

大切な資産を納得いく条件で売却するためには、必要書類だけでなくローンの残責額や、売却する上で必要となる諸費用をチェックしておくことがポイントです。それにより、現実的な資金計画を立てることができます。